安芸区矢野 K様邸外壁塗装工事の続きです。


前回の記事は こちら。
     http://blog.harakenkosya.com/archives/1047577916.html 

12/12
外壁の仕上げ塗料の色を選んでいただきました
  最終選考まで残った、8色を実際の壁に塗って 見てもらいます。
光の加減や、外壁の凹凸によって   見え方や表情が変わることもあります。
何より、カタログの小さな面積じゃ、分かりにくいですもんね
RIMG2082 RIMG2083 RIMG2084

12/13
下塗り材 シーラーを塗装します 。
軒天との取り合い部分等 細かいところは 刷毛で 
広い面積の部分はローラーで 使い分けて塗っていきます  
RIMG2092 RIMG2094 RIMG2097
 破風・鼻隠しも シーラー塗装します
RIMG2104 RIMG2106 RIMG2177
軒天は 防カビ塗料ケンエース を塗ります 。1回目です  
RIMG2117 RIMG2121

12/14
軒天 防カビ塗料ケンエース 塗装 2回目です  
RIMG2136 RIMG2151
 樋は ウレタン塗装(1回目)    鼻隠しは シリコン塗装(1回目)。
RIMG2175 RIMG2178

 さて、いよいよ 壁の塗装が始まりました。シリコン塗装です。
明るい色にされたんですね
RIMG2186 RIMG2190

釘が浮いているところを 金槌で押さえます
RIMG2192 RIMG2193

12/15
2回目の 試し塗りです
黒い幕板を境に 上下で色を塗り分けるのですが、下側の色がなかなか決まらず・・・。
違う色で 再チャレンジです。
納得のいく仕上がりにしたいですものね
IMGP0102 IMGP0105
色が決まるまでの間に、サイディングのひび割れを  コーキングで補修します。

12/16
 上側(2階部分)の 仕上げシリコン塗装 2回目です 。
刷毛とローラーを組み合わせ、丁寧に塗っていきます

IMGP0106 IMGP0108 IMGP0119

ガラリ・樋・庇その他鋼板部分は ウレタン1回目塗装
IMGP0122 IMGP0126 IMGP0127

破風・鼻隠しは シリコン2回目塗装。
ツヤッツヤッ の仕上がりです
IMGP0123 IMGP0125 IMGP0129

12/19
さて、下側(1階部分)の色が決定しました
上品な感じの色ですね  。完成が楽しみです
IMGP0136 IMGP0140
  多くのサイディングには 凹凸があります 。
石目調や木目調など、高級感を出すために 色んな工夫がされているのですね。
塗り残しの無いよう しっかり確認しながら 進めていきます
IMGP0145 IMGP0151



 続きは また 34222040[1]




 スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/





呉市上平原町 O様邸 張出コンクリート補修工事の続きです


前回の記事は こちら
    http://blog.harakenkosya.com/archives/1047727704.html



12/10
 
 作業の続きです。
001
吊子を取り付けます 
取り付け位置のコンクリートに 下穴を空けて、コーキングを注入します 
 接着材の効果と、空けた穴から雨水が侵入するのを防ぐためです。
004 006 009
こうして、一カ所づつ丁寧に仕上げます 
張出しの裏側に 平板板金を張りつけます。
ここでも コーキングとビスを併用します 
010 011 

013 PC040355 
次は 張出コンクリートを支えている斜めの部材 。
これも 張出床コンクリートと同様、かなり劣化が進んでいます 
 四方にコーキングを打って、板金で巻いていきます 
043 044 024
この斜め部材、同じように見えますが 
一本一本微妙に大きさや取り付け角度が違うため、
現地で微調整しながら 取り付けていきます 
031 034

12/12
今日は、幕板の板金を取り付けます 。
幕板を取り付ける箇所に コーキングを打ちます 
055  050 057
幕板板金を ビスで止めていきます
  
こんな 形です 
053 054
天端に笠置板金を取り付けます 
まず、 塵やほこりを取り除いて、コーキングを打ちます 
079 080 062
この L型の笠置板金で、
086 068
幕板とコンクリートの隙間に雨水が侵入するのを防ぎます。


12/14
笠置板金 取り付け作業の続きです 
061 087 091

 お天気にも恵まれ、順調です 
097 102 106
板金での工事はここまで。
次回は 張出コンクリート 上側の防水工事の様子を報告します 


続きはまた 




 スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/






呉市阿賀 A様邸です。
LDKの壁クロスを 一部 貼り替えます ちょうちょ デコメ絵文字

IMG_0001
 IMG_0004
とっても 素敵な リビングですね 目がハート デコメ絵文字
大きなサボテン サボテン デコメ絵文字 が 目を引きます。
IMG_0008

お客様と 実際クロスを貼る職人が じっくり打ち合わせを行っています。
BlogPaint IMG_0011
お客様の イメージを聞きながら、最終確認です なるほど~ デコメ絵文字 。

それでは、工事 スタート ゴリラ デコメ絵文字
IMG_0009 IMG_0001 (2)
既存のクロスを 手際よく剥します バナナ デコメ絵文字

すまいる デコメ絵文字 クロスの全体割り付けを見ながら、丁寧に貼っていきます。
「コンクリート打ちっ放し風」の cool な クロスです うっとり デコメ絵文字
IMG_0019 IMG_0020


どうぞなもやりん デコメ絵文字 出来上がりは こちら ↓やじるし デコメ絵文字↓やじるし デコメ絵文字↓やじるし デコメ絵文字
IMG_0024 IMG_0030

壁紙を変えるだけで、こんなにも部屋の雰囲気が変わるものなのですね ごりら デコメ絵文字
IMG_0029 BlogPaint







花 デコメ絵文字 スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/






呉市上平原町 O様邸です スマイル黄 デコメ絵文字

スマイル 2 デコメ絵文字 ちなみに、O様邸は 右上側 。
呉市は、平地が少なく、山 デコメ絵文字 山の斜面に住宅が建ち並ぶ為、
このような 張り出し床が 多くみられます家 デコメ絵文字 。
BlogPaint

少しでも 有効に土地を活用したい と思う おじいさん デコメ絵文字 先人の知恵ではありますが、
コンクリートで作られた この張り出し床。
近くで見ると… ショック デコメ絵文字
PC030291 PC030294
全体的に劣化が進行し、コンクリートが剥離し始めています ぎゃーこつ デコメ絵文字 。
鉄筋がむき出しに・・・。

ちょっと ハンマーで叩くだけで トンカチ デコメ絵文字 、簡単にはがれてしまうところもあります。
上側を歩く振動や、地震、あるいは強風 強風 デコメ絵文字 などでさえも 
コンクリート片が 剥がれおちてしまう そんな危険な状況です 危険 デコメ絵文字
PC040324 PC030306
経年劣化 と言ってしまえばそれまでですが ピンクのくま(やれやれ) デコメ絵文字
放置しておく訳にもいかず トホホっ デコメ絵文字 、補修することになりました。
雨水の侵入を極力防ぎ、剥離したコンクリート片の落下を防ぐ工事です。

12/3
下のお宅の裏側を一部お借りして、足場を組み立てます 犬 デコメ絵文字
IMG_0023 IMG_0024 IMG_0026

12/4
剥離しているコンクリート片を ハンマーで取り除きますびっくり デコメ絵文字
PC040314 PC040313
そして清掃  ほうきで掃き掃除 デコメ絵文字
PC040317

次は コーキングです。
そうだ! デコメ絵文字 これから行う、張り出しコンクリートを板金で囲う為の 準備作業です縦に繋がる音符(5) デコメ絵文字
PC040339 PC040340

現場に合わせて加工した板金を コンクリート用ビスで取り付けていきます。
PC040343 PC040344
「吊子」と呼ばれる板金です。 等間隔で取り付けます 
底面の板金の固定と、側面の板金を引っかけて固定するためのものです。
PC040354 PC040355 009


今日の作業は ここまで 。
PC040356PC040362

UFO デコメ絵文字 続きは こちら。
      http://blog.harakenkosya.com/archives/1048262718.html


 スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/





安芸区矢野 K様邸 外壁塗装工事が始まりました わーいわーい デコメ絵文字

12/7
足場を組み立てます ニッコリ にじみ デコメ絵文字 。工事開始です。
建物を傷つけないよう、注意して組み立てていきます。
IMG_0002 IMG_0003


自作 じゃーん ウサギ デコメ絵文字 シートで覆って、足場完了です。
この時期の足場工事は、寒い デコメ絵文字 気温の寒さだけでなく、
鋼管自体が 氷のように冷たくなるため 寒い デコメ絵文字、大変な作業です。
RIMG1951

12/8 高圧洗浄機を使用して、水洗いします。
色が変わって 汚れが落ちているのが分かります 大掃除 デコメ絵文字
RIMG1955 RIMG1956
きらーん デコメ絵文字 長い年月 紫外線や雨風に曝された外壁の表面は 家 デコメ絵文字
経年劣化により 白い粉がふいた状態です 白い人(びっくり) デコメ絵文字
(これを チョーキング現象と呼びます。)
下地塗装する前に この粉をきれいに取り除く必要があるのです なるほど~ デコメ絵文字

ついでに 網戸や樋の中、駐車場の土間まで きれいにしておきました スマイル青 デコメ絵文字 スマイル紫 デコメ絵文字
RIMG2005 RIMG1961 RIMG2013

12/9 
さて、次は コーキング打ち替え作業です 
025 026
カッターナイフを使って  古くなったコーキングを剥ぎ取ります。
日の当たり具合によって、コーキングの劣化具合にも 大きな違いが現れます。

029 032
次に  養生テープ(マスキングテープ)を張りつけます。
溝に プライマー(接着剤のようなもの)を 塗りこみます 

 ガンを使って 器用に丁寧に コーキングを打っていきます。
多すぎでも、少なすぎでもない、ちょうど良い量を注入し続ける作業は
職人技です 
037 040
ヘラで押さえて 充填します 
コーキングが乾かないうちに、養生テープ(マスキングテープ)を剥します
コーキング作業 完成です     
042 044


12/12 ケレン作業を始めます 
庇・水切りといった、鋼板部分と、樋を ケレンします 
 汚れを落とし、傷をつける作業です。
傷をつけることによって、塗料の付着力が増します 
RIMG2024 RIMG2029

RIMG2041 RIMG2057

 ケレンした鋼板部分に 錆び止め塗料を塗ります 
RIMG2065 RIMG2074

 続きは こちら 
    http://blog.harakenkosya.com/archives/1048279602.html



 スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/


 

ページ上部へ