9月になりました
長かった夏休みも やっと終わりました 


U様邸キッチン改修工事のつづきです。

  前回の記事は 
    http://blog.harakenkosya.com/archives/1038155074.html

次は 壁下地工事です。
プラスターボードを張っていきます。
P1190903 
出窓部分に 断熱材が入っていなかったので、 今回入れました 
↓ ↓ 木と木の間にある ピンクの部分が 断熱材です。
P1190912 BlogPaint

この冬、(断熱材による 暖かさの)違いが きっと分かると思います。
ちょっとした ひと手間ですね 

西陽が強い この  窓を 塞ぎます。
 P1190862 P1190923
窓はそのままで、内側から塞ぐ方法です。   木で下地を組んで

 断熱材をはめ込み、  外も中も プラスターボードで塞ぎます
P1190990 P1200095


出窓カウンターを塗装中です。以前は タイルの出窓でした 
BlogPaint BlogPaint
 
木のカウンター ツヤツヤです
窓の大きさ・形は同じなのに、雰囲気が違って見えます。出来上がりが楽しみ 

大工さんは 玄関と廊下の床工事に移りました 
フローリングの追い張りです。
BlogPaint BlogPaint
 
追い張りというのは、今あるフローリングをはがさず 上から 新しくフローリングを貼る工法です。
下地のいたみ具合にもよりますが、「解体ゴミも出ず」 「2枚張りで頑丈になり」 そして「きれいになる」 といった 良い点がたくさんあります 
敷居との段差が解消されて バリアフリー効果もあります 

台所では 壁・天井仕上げの クロス工事が 進んでいます。
P1200066 P1200072
パテ詰めをして 天井からクロスを貼っていきます。


この続きは また後日




続きは こちら 
       http://blog.harakenkosya.com/archives/1038885041.html

スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/































 朝晩が めっきり涼しくなりました。
夏の疲れも出るころです 
体調管理には 気を付けましょうね 

今回 ご紹介するのは   。   
DSCN2624

かった屋根が   汚れで変色してしまっています。

外壁もくすんで、チョーキング現象も くっきりと現れています 
DSCN2618 DSCN2673
目地は切れ、ところどころ ひび割れが有ります 
 これは塗り替えですね
DSCN2679 P8176418
ということで、工事が始まりました。


IMGP7413 DSCN3196
家の近くまで 車が入らない立地なので、資材はすべて 手運びです 
仕事とはいえ、職人さんたちの 頑張る姿には いつも頭が下がります  。

足場を架けて 屋根に上がり、改めてよく見てみると、
IMGP7422
汚れの付着具合と、屋根材の塗料の落ち具合が かなり深刻な状況でした。

IMGP7434 IMGP7445
高圧洗浄機を使った 水洗いで 汚れを落としていきます。
きれいになっていく様子が はっきりわかりますね 

続きは また後日 





 続きはこちら   http://blog.harakenkosya.com/archives/1038694151.html 

スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/












 台風一過  
今日は少しづつ 青空が広がってきています 
お住まいの地域は 被害等ありませんでしたか?

U様邸キッチン改修工事が始まりました 
P1190691
ピンクのタイルで囲まれた出窓が 印象的  な台所です。
今回は、流し台を取り替えるだけでなく、位置も変えちゃいます  

BlogPaint P1190711
まずは、古くなった流し台を 撤去します 
タイルも丁寧にはがします 

P1190748 P1190812
  そうこうするうちに 、
水道屋さんが 床下の給排水移設工事を行い 
電気屋さんが 天井裏の電気配線工事を 行っています 

P1190740 P1190732
壁の下地も 一部撤去し、家の骨組みが見える状態になりました

斜めの木材は 筋交いです。
外部に面している部分の フワフワした物体は 断熱材です。
普段は見ることのない部分ですよね。
この機会に シロアリチェックはもちろん、内部結露の様子や金物の取付け具合など
じっくり観察してみるのも 大事なことです 
P1190854

 天井の下地ベニヤ工事が完了したところです。

つづきは また。



 続きはこちら http://blog.harakenkosya.com/archives/1038622673.html


スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/

















 

先日8月1日(土)・2日(日) 開催された 「住育の家」見学会。
ご好評につき  第二弾見学会  を開催します。 

「行ってみたかったのに、都合がつかなかったわ

と、残念がっていた そこの
この機会に、是非 ご覧ください。

今回は 忙しい お父さん お母さんのため 時間を延長して 開催します

  これから家を建てようと思っている方 
  リフォームをお考えの方
  「住育」って何?って思った方
  仕事と家事の両立に お疲れ気味の方
  子育てに悩んでいる方
  将来の 親の介護が心配な方
  今の生活に 疑問を感じている方 

 きっと 解決するヒントが見つかるはずです

フジテレビ「エチカの鏡」で大反響の「住育の家」
広島県では 現在、ここでしか見ることができません。

「良い住まい」が「家族」を育む。実際に見て 体感してください。

           
  とき    : 9月12日(土)       
  じかん : 10時 ~ 19時       
  ばしょ  : 呉市阿賀南3丁目15-11 
            

 
 お待ちしています 




スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/


















 

Y様邸 外部塗装工事 いよいよ最終段階です 

前回の記事は 
     http://blog.harakenkosya.com/archives/1036724198.

今日は コーキング打ち替え作業からです。
古くなったコーキングを すべて取り除き(前々回の記事)、新しいコーキングを充填するのですが、
コーキングをしっかりサイディングに密着させるため 
 「プライマー」 という液体を刷毛で塗り込みます。

RIMG1053 
RIMG1062
接着剤のようなものです。

次に コーキング施工です。ガンで充填し、ヘラで押さえる。地道な作業の繰り返しです
しかし、職人技です
一見 簡単そうに見える この作業。  程よい量を充填し、絶妙な圧力で押さえていく。
この技術、素人にはなかなかできません。

ちなみに 紫色のテープは 養生用マスキングテープです。RIMG1072
 見て見て  これこれ。最後の この作業も、実は 職人技。
コーキングが乾く前に 養生テープを巻き取っていくのですが・・・
一歩間違えると あたり一面コーキングが着きまくって 大惨事になります

RIMG1058 RIMG1077
水洗いして きれいに乾いたサイディングに シーラーを塗布します。
接着剤のようなものです。
次に、軒天を塗装します。
IMGP7340 IMGP7361
 1回目 シリコン塗装です。     2回目 シリコン塗装です。

細部も丁寧に仕上げます
IMGP7380 RIMG1137 - コピー

 完成です。な、なんてステキな仕上がり具合 
DSCN3169




スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/



















お盆休みが終わりました。

Y様邸 外部塗装工事の続きです。
前回の記事は こちら
 http://blog.harakenkosya.com/archives/1036243413.html

暑い中、 今日も職人さんは頑張ってます。お疲れ様です

建物全体の洗浄が終わったので、次は塗装工事に とりかかります 
RIMG0989 RIMG0975
と、思ったら、何やら小さな部品を取り付け始めました。 
この部品、カラーベスト塗装には なくてはならない とまではいきませんが 
かなり重要な役割を持っています。
「屋根の塗装をしたら、雨漏りし始めた・・・」 という声を 時々聞きますが、それを防ぐのが
この小さな部品「タスペーサー」なのです 
 詳しい説明は、また今度の機会にしましょうね。
RIMG1035 RIMG1044
板金部分に 錆び止め塗料を塗ります。
全部塗り終わったってから カラーベストに下地材 「1液ベストシーラー」を塗っていきます
シーラーは、塗料と素地の密着性を高め、素地を強化します
 RIMG1107  RIMG1050
下地が乾いたら、1回目 シリコン塗料を塗ります 
IMGP7264
2回目 シリコン塗料を塗ります。ツヤッツヤです

DSCN3128

DSCN3119

屋根塗装 完成 




 続きはこちら http://blog.harakenkosya.com/archives/1037467024.html

スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/

























早いもので 子供たちの夏休みも、 折り返し地点を過ぎました 
なのに 宿題の折り返し地点が まだ 見えてこない・・・ そんな今日この頃です。



 さて、気を取り直して
  M様邸の柱補修工事が完成しました。

前回の記事は こちら
   http://blog.harakenkosya.com/archives/1035309143.html


前回 防水シートを貼ったところで終了していました。
P7240154 P7296131
2~3日 現場を空けるので その間の防水の為、大工さんに貼ってもらっていました。
せっかくきれいに貼っていただいていた防水シートですが、外します

 水切り金物を 取り付けます。
BlogPaint
外壁を伝って落ちてきた雨水を コンクリート基礎より外側へ 逃がすもので「重要」な部材です。

再び 防水シートを 丁寧に巻きつけます。

 ほとんどの雨水は サイディングの表面を流れていきます(1次防水)。
それでも 色々な原因(コーキングの劣化や材料のヒビ割れ等)で 外壁サイディングが表面で処理しきれなかった雨水が 内部に侵入してしまう場合があります。
防水シートは 侵入してきた雨水が構造体に達しないよう 最後の防水層(2次防水)として重要な役割を持っています。

P7296136 P7296148
      外壁サイディング を貼ります。
柄なしの 無塗装品です。
画像がありませんが、この後 目地コーキング工事がありました。

後日 塗装工事です。
シーラー  下塗り  上塗り  の工程の順に仕上げていきます。

RIMG1120 RIMG1124 RIMG1130
 
すでに 廃盤の外壁サイディングですので、現地で色を合わせました。
違和感なく 最高の仕上がりです。  




スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/
































暦のうえでは 秋ですが・・・まだまだ残暑厳しい日々が続きそうです

I 様邸 工事の続きをご紹介します。

前回の記事は こちら  
http://blog.harakenkosya.com/archives/1035017248.html


  ビニルクロスを貼るための 下地処理を行います。パテ詰めです。
P1190559
 P1190570
        ビニルクロスを貼っていきます。

  キッチンパネルを貼ってから、    流し台を取り付けます
P1190541 P1190546


BlogPaint
完成です
すてきな キッチンになりましたね 


   

 ここから先は 虫が苦手な方、想像力が豊かな方はお気を付けください
           お食事中の方は お食事が終わってからご覧ください


まずは、前々回の記事をご覧ください。
   http://blog.harakenkosya.com/archives/1034179804.html


その、I 様邸 床下の状況です。
コンクリート基礎立ち上がり部分です。
P7140015 BlogPaint
 土から伸びた茶色い帯が 見えますか?    拡大です 


これは、「蟻道(ぎどう)」  と呼ばれるもので、乾燥や光を嫌うシロアリが 地中から餌(木材)までの道を 外気に触れることなく移動するために 土や 糞で作る、いわば 専用道路のようなものです。

この蟻道があるということは、間違いなくシロアリがいる(た)ということです。   


I 様邸では 今回2か所 蟻道が見つかりました
DSCF9179 DSCF9182 DSCF9193
蟻道周辺の 木部・地盤を 特に集中的に駆除しました。木部の土台には 穴を開けて薬剤を注入しました。
玄関は タイル目地から注入しました。
DSCF9189 DSCF9191

これで 一安心です





スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/






























今日ご紹介するのは、 この かわいそうな  玄関です。
DSCN2172

何が起こったのか 左側に大きく傾いてしまっています

BlogPaint

原因は こちら。
屋根を支えている 「肘木・腕木」と呼ばれる 横架材が 柱から外れかけています。
もともと肘木を支えていた 鉄のL型アングルが 折れてしまったのですね

 余談ですが・・・
200_0011_JFR1[1]「肘木・腕木」 は 寺社建築でよく見られる工法で、豪華な彫り物や装飾が施されているものを ご覧になったことが 皆さんもきっとあると思います。

←これは 法隆寺の 「雲肘木」 と呼ばれるもので、
 字の通り 雲の形をしているのが特徴です。


工事の話に戻ります
柱を立てて 突っ張る方法も考えましたが、いまどき珍しいこの古風な玄関の雰囲気を 壊すことなく直す方法として、

002 057

こんなふうに  してみました。
職人さんがステンレスのアングルを 溶接して作りました。

こういう格好の玄関は 最近ではあまり見かけなくなりましたね。

DSCN3016 001

とっても「味」のある ステキな玄関。
元にに戻ってよかったです 




スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/























Y様邸 外部(屋根 ・ 壁 ・ 樋 ・ その他)塗装工事の様子をご紹介します

DSCN2469


築15年 。まだ そんなに傷んだ風ではないように 見えますが

DSCN2486 DSCN2499 DSCN2504

 近くで見ると コーキングが痩せて ヒビ割れているのが分かります

DSCN2471
チョーキング現象も見られました

※チョーキング現象とは、外壁を手で触れると手のひらに白い粉が
付く現象で、白亜化現象とも呼ばれます。
主に塗装表面が紫外線、熱、水分、風などによって塗装面の
表層樹脂に劣化が起こり、塗料の中の顔料がチョークのような
粉状になり消耗していく現象・状態を指します。


・・・ということで、塗り替えることに 決定しました
同時に サイディング目地コーキング打替えも行います

RIMG0892
 RIMG0902 RIMG0935
まず、足場を架けて、養生をします。
次に 高圧洗浄機で 屋根 ・ 壁の汚れを落とします 
BlogPaint BlogPaint
家の周りの コンクリート階段や ポーチタイル、ブロック塀 も水洗いしました。
知らず知らずのうちに 汚れは溜まっているものです。
RIMG0964 RIMG0953 RIMG0933
 あちらも こちらも きれいになりました 

さて いよいよ 外壁塗装の下準備です。 
古くなったコーキングをきれいにはがす作業。
樋や水切り、ひさしなどの ケレン作業。
BlogPaint BlogPaint

RIMG0993 RIMG1002

作業は 順調に進んでいます 

続きは また後日。  お楽しみに。 



 続きはこちら http://blog.harakenkosya.com/archives/1036724198.html


スマイリフォーム のホームページはこちら 
             http://www.harakenkosya.com/
























 

ページ上部へ